HOME>>試乗体験記一覧>>試乗体験記レポート 試乗

一部改良で更に進化したアルトエコでドライブ。


今回は、香里奈さん出演のCMでもおなじみ、

このたび一部改良して新発売となった「アルト エコ」で 三島市街を走行してみました。

 

今回の主な改良点は、先日「RJCテクノロジーオブザイヤー」を受賞した新技術、

「スズキグリーンテクノロジー」を搭載したことです。

なんと33.0km/lという低燃費を実現し、国内ガソリン車で最高となりました。

(ハイブリッド車の代名詞といえるプリウスをも上回っています!)

テレビCMでは、香里奈さんと西田敏行さんが 「33」を強調しあう共演(いや競演)が印象的で面白いですね!

 

試乗した車両は、アルト エコSタイプ。

イメージカラーのリーフホワイトが、 環境志向のイメージを、より増長してくれますね。

緑がかったロゴと独特のグリルも、さわやかでいい感じです。

ハイトタイプの軽自動車が、多く出回っている現代にあって、

全高152cmと、いかにも取り回しのよさそうなデザインは逆に特徴。

どこの立体駐車場へ行っても、高さを気にせず入っていけるのは安心です。

 

早速乗り込んでみましょう。ドアミラーとドアハンドルのシルバーがおしゃれで、気持ちが上がりますね。

従来と変わらない目線と、フロアシフト、ハンドブレーキで、

運転初心者もベテランドライバーも、誰でも安心して運転できそうです。

後部座席にもしっかりヘッドレストが付いていて、より安心です。

 

 

走り始めると、メーター盤の色が青と緑に変化するのに気がつきます。

エコドライブができている時は緑色が点灯するシステムで、意識が高まりますね。

発進時はどうしても青色になりがちですので、ゆっくり加速して緑にしたい気持ちが出る一方、

後続車との距離が詰まると気になって、ジレンマに陥る方もいるかな??

みんながエコドライブをして、ゆっくり加速してくれるといいのですけどね^^

 

走行中のエンジン音は、かなり静かになっています。

昔の軽自動車のイメージを持っていらっしゃる方は、このストレスの無さに驚くかもしれません。

カーブも安定して走り抜けていけるので、気持ちいいドライブができそうです。

 

 

噂の「スズキグリーンテクノロジー」を体験してみました。

【エネチャージ】

前方が赤信号なので、アクセルを離して減速を始めると、メーターの左上にランプが点灯しました。

減速時の走行エネルギーを電気に換え、

ライトやオーディオなどを稼動するための電気を蓄えていることを示しています。

この充電の効率が非常に良いため、従来のクルマが通常走行時に行っていた充電を抑え、

エンジンのエネルギーを走行に注力できるのです。

【アイドリングストップ】

赤信号の手前で速度を落としていくと、クルマが停止する前にエンジンが止まります。

惰性で進んでから停止し、信号待ちをしました。

エンジンを切っている時間がこれまで以上に長くなったのですね。

ブレーキペダルを離すと同時にエンジンがかかり、スムーズに走り出しました。

【エコクール】

一般的にはアイドリングストップ中は、エアコンの風が温い送風となり、

室内空間が不快になってしまいますが、スズキの場合は冷風が出続けます。

これからの季節には、大活躍ですね。

 

 

 

そして何と、さらに嬉しい機能がついていました!

坂道発進の際に、ブレーキを離してからアクセルを踏んで発進するまでの間、

クルマが後ろに下がらないように止まっていてくれるのです!(ヒルホールドコントロール)

これ、本当に助かります。安心度が大幅アップです!

 

 

様々な新機能がありますが、運転操作はこれまでと何も変わりませんし、

むしろ補助的機能も追加され、心配なく選んでいただけるクルマであると確信しました。

 

市内をぐるっと回って戻ってきたら、メーター表示はこの燃費!

省エネ運転がもっと上手になりたいと思っちゃいますね。

現在、「エコスコアチャレンジ」キャンペーンを開催中です。

試乗していただき、一定基準のエコドライブができた方には

クオカードをプレゼントしております!

ぜひ一度、店頭でご覧ください。



<<試乗体験記一覧に戻る

スズキアリーナ三島 飯島自動車

新車試乗体験記

2013年3月18日
一部改良で更に進化したアルトエコでドライブ。

今回は、香里奈さん出演のCMでもおなじみ、

このたび一部改良して新発売となった「アルト エコ」で 三島市街を走行してみました。

 

今回の主な改良点は、先日「RJCテクノロジーオブザイヤー」を受賞した新技術、

「スズキグリーンテクノロジー」を搭載したことです。

なんと33.0km/lという低燃費を実現し、国内ガソリン車で最高となりました。

(ハイブリッド車の代名詞といえるプリウスをも上回っています!)

テレビCMでは、香里奈さんと西田敏行さんが 「33」を強調しあう共演(いや競演)が印象的で面白いですね!

 

試乗した車両は、アルト エコSタイプ。

イメージカラーのリーフホワイトが、 環境志向のイメージを、より増長してくれますね。

緑がかったロゴと独特のグリルも、さわやかでいい感じです。

ハイトタイプの軽自動車が、多く出回っている現代にあって、

全高152cmと、いかにも取り回しのよさそうなデザインは逆に特徴。

どこの立体駐車場へ行っても、高さを気にせず入っていけるのは安心です。

 

早速乗り込んでみましょう。ドアミラーとドアハンドルのシルバーがおしゃれで、気持ちが上がりますね。

従来と変わらない目線と、フロアシフト、ハンドブレーキで、

運転初心者もベテランドライバーも、誰でも安心して運転できそうです。

後部座席にもしっかりヘッドレストが付いていて、より安心です。

 

 

走り始めると、メーター盤の色が青と緑に変化するのに気がつきます。

エコドライブができている時は緑色が点灯するシステムで、意識が高まりますね。

発進時はどうしても青色になりがちですので、ゆっくり加速して緑にしたい気持ちが出る一方、

後続車との距離が詰まると気になって、ジレンマに陥る方もいるかな??

みんながエコドライブをして、ゆっくり加速してくれるといいのですけどね^^

 

走行中のエンジン音は、かなり静かになっています。

昔の軽自動車のイメージを持っていらっしゃる方は、このストレスの無さに驚くかもしれません。

カーブも安定して走り抜けていけるので、気持ちいいドライブができそうです。

 

 

噂の「スズキグリーンテクノロジー」を体験してみました。

【エネチャージ】

前方が赤信号なので、アクセルを離して減速を始めると、メーターの左上にランプが点灯しました。

減速時の走行エネルギーを電気に換え、

ライトやオーディオなどを稼動するための電気を蓄えていることを示しています。

この充電の効率が非常に良いため、従来のクルマが通常走行時に行っていた充電を抑え、

エンジンのエネルギーを走行に注力できるのです。

【アイドリングストップ】

赤信号の手前で速度を落としていくと、クルマが停止する前にエンジンが止まります。

惰性で進んでから停止し、信号待ちをしました。

エンジンを切っている時間がこれまで以上に長くなったのですね。

ブレーキペダルを離すと同時にエンジンがかかり、スムーズに走り出しました。

【エコクール】

一般的にはアイドリングストップ中は、エアコンの風が温い送風となり、

室内空間が不快になってしまいますが、スズキの場合は冷風が出続けます。

これからの季節には、大活躍ですね。

 

 

 

そして何と、さらに嬉しい機能がついていました!

坂道発進の際に、ブレーキを離してからアクセルを踏んで発進するまでの間、

クルマが後ろに下がらないように止まっていてくれるのです!(ヒルホールドコントロール)

これ、本当に助かります。安心度が大幅アップです!

 

 

様々な新機能がありますが、運転操作はこれまでと何も変わりませんし、

むしろ補助的機能も追加され、心配なく選んでいただけるクルマであると確信しました。

 

市内をぐるっと回って戻ってきたら、メーター表示はこの燃費!

省エネ運転がもっと上手になりたいと思っちゃいますね。

現在、「エコスコアチャレンジ」キャンペーンを開催中です。

試乗していただき、一定基準のエコドライブができた方には

クオカードをプレゼントしております!

ぜひ一度、店頭でご覧ください。

<<試乗体験記一覧に戻る

試乗体験 ブログ
飯島自動車へ電話 飯島自動車へメール

メンテナンスパック 大型モニター設置店
EVオアシス ロータス静岡